旦那と脚立と運送費

旦那がショッピングサイトにあるショップで脚立を購入しました。以前から家に脚立はあるのですが、高さが1m50cmで作業するには低すぎるということなのです。

そのため新しく購入するものは、作業を考慮して高さが3mぐらいあるものになりました。その高くなったことによって作業性の効率がかなり上がりると旦那は喜んでいます。

その脚立を購入するときにちょっとしたエピソードがありました。それは、旦那が今回買ったものは、特殊なものとまではいかないけれども、誰もが買っているものではないそうなのです。loupe et calculatrice

旦那に言わせると、主に購入している人は仕事で用いる業者といったところではないだろうかと言うことです。

その脚立は、ほとんどのショップが法人には運送費が無料となっているのに、個人で購入しようとすると結構高い運送費がかかるということらしいのです。

そのため旦那は、少しでも安い運送費の買おうとネットであちらこちらのショップをチェックしていると、あるお店だけ運送費がかからず、その説明書きもないところがあり、不思議に思って電話をかけたそうです。

電話をかけると暇なのかすぐに出てきたそうで、運送費のことを尋ねると、サイトに書いてある通りだととても不愛想に答えたそうです。旦那は不愛想な対応をされたにもかかわらず、すぐに注文しますからよろしくお願いします、と明るいというか嬉しそうな声で話したそうです。

私はそのことを聞いて思いました。それは、もしお店の人が機転の利く人だったら、対応が違っただろうなと言うことです。どうしてお客がわざわざ電話で運送費のことを尋ねてきたのかを、それとなく尋ねてその理由を知ろうとしただろうなということです。

今回の場合、丁寧な対応で電話をかけてきた理由を尋ねると旦那は素直に答えたと思います。その答えにより他社は運送費を取っているので、その半分の費用をとってもわかっている客は購入すると思うのです。

旦那にそれを言うと、ほかのショップは基本的にメーカー直送になっていて、個人客となるとまずショップに取り寄せて、そこから家に送るようになっているのではないかと言うことなのです。今回購入したショップは、送り状から見るとお店に置いてあるものを送って来たという感じです。

そのことからお店にだぶついていたのかも知れません。ですが、最安値に近い価格で販売しているということなのですから、運送費のぶんいくらか値段を上げてもわかっている人なら買うだろうなと思いました。

旦那は安く買えたのだからそれでいいじゃないのかと喜んでいます。まぁその通りなのですが、しかし、高い買い物をするときにはしっかり調べて買うようにしないと損をしてしまうということがよくわかりました。